開発・生産体制

  • Home»
  • 当社の特徴 »
  • 開発・生産体制

試作部門を社内に保有し、試作・量産を同ラインで製造できるため、スムーズな立ち上げと供給が可能です。

<<当社>>試作・量産段階が同工場の同ラインの場合

当社では試作部門と量産部門を有しているため、スムーズに試作から量産段階へ進み事が可能です。経験豊かな設計者は、量産段階での歩留まりを考慮し、設計の段階から量産しやすく品質優先の仕様で製造します。この生産体制により、量産立ち上げがスムーズに行え、お客様の手を煩わせることもありません。

<<他社>>試作・量産段階により、工場が異なる場合

試作のみを行っている工場では、納期を最優先し、仕様に無理がある場合でも、大量に製造して良品を選び出して納入するスタイルです。そのため量産工程に進むと、試作工場の仕様のままでは歩留まりが悪く、スムーズな量産立ち上げが困難となり、設計変更などのトラブルが起こる可能性も高まります。イニシァルコストも試作工場、量産工場、それぞれに発生し、そのコストはお客様が負担しなければなりません。